言語選択
韓国生活
韓国語会話
韓国社会への適応
農村生活支援
在留・外国人支援
医療支援
妊娠出産・子女教育
社会保障制度
就職・採用情報
就職と労働
女性再雇用センター
文化交流
味対決
ウェブで読める雑誌
UNESCO 指定の世界文化遺産
お知らせ
お知らせ
資料室
多文化家族支援センター
多文化家族支援センターとは
相談センター
タヌリコールセンター 1577-1366
国際結婚被害相談電話 02-333-1311
オンライン相談室
구글번역
구글번역 닫기

서브 콘텐츠 시작

현재 페이지 위치

  • 韓国生活
  • 在留・外国人支援
  • 外国人入国·在留

外国人入国·在留

再入国許可

再入国許可

対象

  • 大韓民国に91日以上在留することになる者で外国人登録をした者
  • 駐韓外国公館と国際機構の職員および家族、大韓民国政府との協定によリ外交官または 領事と類似した特権および地位を享受する人とその家族など外国人登録が免除された者

期間

  • 1回に限って再入国できる単数再入国最長期間:1年
  • 2回以上再入国できる複数再入国最長期間:2年

再入国許可の免除および除外対象

  • A-1~A-3および登録外国人(すべての在留資格)が出国した日から1年以内に再入国しよう とする場合、再入国許可免除(在留期間が1年よリ少なく残っている場合、在留期間の範 囲内で免除)
  • F-5(永住)資格所持者で、出国した日から2年以内に再入国する場合、免除
  • 入国禁止者および査証発給規制者がその在留期間内に出国して再入国しようとする場 合、再入国許可の免除が制限される一管轄事務所に訪問して再入国許可申請

必要書類

  • 統合申請書
  • パスポートおよび外国人登録証(外国人登録をした場合)
  • 手数料-単数:30,000ウォン、複数:50,000ウォン

結婚移民者の場合

外国人登録を行った結婚移住者は、出国日から1年以内に再入国する場合、在留期間の範囲内で再入国許可申請が免除されるため、許可を得なくとも自由に出入国できる。但し、過去に韓国の法律違反などを理由に入国が規制されたことのある場合は、必ず再入国許可が必要である。

再入国許可の有効期間の延長

「再入国許可」を受けて出国した外国人が、許可を受けた期間内に入国できない理由が 発生した場合には、有効期間内に現地にある大韓民国の大使館または領事館まで出向い て再入国許可の延長手続きを行う。もしも、再入国許可の有効期間内に入国しない場合 には、従来の在留資格は喪失される。

QUICK MENU

QUICK
MENU

シェアする

シェアする