言語選択
韓国生活
韓国語会話
韓国社会への適応
農村生活支援
在留・外国人支援
医療支援
妊娠出産・子女教育
社会保障制度
就職・採用情報
就職と労働
女性再雇用センター
文化交流
味対決
ウェブで読める雑誌
UNESCO 指定の世界文化遺産
お知らせ
お知らせ
資料室
多文化家族支援センター
多文化家族支援センターとは
相談センター
タヌリコールセンター 1577-1366
国際結婚被害相談電話 02-333-1311
オンライン相談室
구글번역
구글번역 닫기

좌측메뉴

多文化家族支援センター

서브 콘텐츠 시작

현재 페이지 위치

  • 多文化家族支援センター
  • 多文化家族支援センターとは

多文化家族支援センターとは

主なサービス

韓国語教育

支援内容
レベル別の正規韓国語教育(1~4段階、各100時間)、進学クラス、就職対策クラスなど、地域別特性に合わせた強化過程(特別クラス)実施
利用対象
結婚移住者、中途入国子女
場所
多文化家族支援センターまたは自治体委託機関
費用
無料

通訳・翻訳

支援内容
ベトナム語、中国語、英語、タガログ語、モンゴル語、タイ語、ロシア語、インドネシア語、カンボジア語、日本語、ネパール語など、センター別に1~4か国語の通訳・翻訳サービスを提供
利用対象
多文化家族、多文化家族を直接的・間接的に支援する個人または機関
費用
無料

相談及びケース管理

支援内容
心理テスト、法律相談、危機家族緊急支援、外部相談機関との連携など、多文化家族構成員どうしの関係改善のための相談及び事例管理サービスの提供
利用対象
多文化家族支援センターの利用者
費用
無料

結婚移住者対象の社会適応教育・就業教育

支援内容
就業への基本的な心構え、就業訓練専門機関(セイルセンター、ワークネットなど)、消費者・経済教育、多文化理解教育、自助グループなど
利用対象
多文化家族支援センターの利用者
費用
無料

家族教育

支援内容
夫婦教育、家族関係改善プログラム、親の役割教育、夫婦間問題解決プログラムなど、教育プログラムの実施
利用対象
多文化家族支援センターの利用者
費用
無料

多文化家族子女の言語発達支援

支援内容
多文化家族子女の言語発達のための言語発達レベルの評価、言語教育、親についての相談及び教育方法などに対してアドバイスするサービス
利用対象
満12歳以下の多文化家族の子女
場所
原則として1回(6ヶ月)
費用
無料

訪問教育(子女の生活)

支援内容
読書コーチング、宿題指導など子女に対する生活サービスを提供
利用対象
満3歳~12歳未満の多文化家族の子女、中途入国子女
費用
所得基準に応じて無料または段階別の費用負担
支援期間
原則として1回(10ヶ月)

多文化家族のバイリンガル環境づくり

支援内容
二重言語を使うための家庭内における認識改善教育及び親子間の相互作用(遊び、童話・童謡などの活用方法)コーチングサービスなどを提供
利用対象
乳幼児のいる多文化家族
費用
無料
QUICK MENU

QUICK
MENU

シェアする

シェアする