言語選択
韓国生活
韓国語会話
韓国社会への適応
農村生活支援
在留・外国人支援
医療支援
妊娠出産・子女教育
社会保障制度
就職・採用情報
就職と労働
女性再雇用センター
文化交流
味対決
ウェブで読める雑誌
UNESCO 指定の世界文化遺産
お知らせ
お知らせ
資料室
多文化家族支援センター
多文化家族支援センターとは
相談センター
タヌリコールセンター 1577-1366
国際結婚被害相談電話 02-333-1311
オンライン相談室
구글번역
구글번역 닫기

서브 콘텐츠 시작

현재 페이지 위치

  • 韓国生活
  • 在留・外国人支援
  • 外国人入国·在留

外国人入国·在留

外国人の申告義務

外国人の申告義務

外国人登録をした外国人に下記の内容の事由が発生した場合、その事由が発生した日から14日以内に在留地または勤務地の管轄出入国・外国人庁(事務所・出張所)に申告する義務があリ、それに違反した場合、過料または罰金が賦課され、在留上の不利益を被ることがあるため注意しなければならない。

申告事由

外国人登録をした外国人が、下記の該当する事由が発生した場合は、発生した日から14日以内に滞在先または勤務先を管轄する出入国・外国人庁(事務所・出張所)に外国人登録事項の変更申告を行わなければならない。

  • 氏名、性別、生年月日、国籍などに変更があった場合
  • パスポート番号、発給日付、有効期間に変更があった場合
  • D-1, D-2, D-4~D-9の所属機関や団体に変更があったリ、(名称が変わった場合も含む)追加された場合
  • D-10所持者が、研修開始事実または研修機関に変更があった場合(名称が変わった場合も含む)
  • H-2所持者が個人・機関・団体または業者に初めて雇用された場合、その就職開始の事実
  • H-2所持者が個人・機関・団体または業者に既に雇用されている場合、その個人・機関•団体、または業者に変更があった場合(名称に変更があった場合も含む)
  • 引っ越しなどの事由により在留地が変更になった場合

必要書類

  • 申請書
  • パスポート及び外国人登録証
  • 変更事項を証明する書類(在留地が変更になった場合には、住所地を証明する書類)

知っておいてください!

検疫とは(動‧植物の検疫)
海外の家畜の伝染病や植物の病害虫などが韓国内に流入するのを防ぐため、全国の空港や港湾で入国前に検疫を実施します。入国時に持ち込み禁止農・畜産物を所持し、それを申告しなかった場合は、最高500万ウォン以下の過料が賦課されることがあります。
「農畜産物を所持している場合は必ず旅行者携帯品申告書にチェックし、 空港・港湾にある農林畜産検疫本部に申告してください」
検疫手続き
  • 韓国に到着(空港、港湾、郵便局)
  • 入国審査
  • 税関申告書(検疫申告)作成
  • 動物、植物、農産物、畜産物の検疫 : 検疫の結果、合格した場合のみ通過します。
  • 税関検査
  • 入国
動物·畜産物の検疫
  • 持ち込み禁止畜産物
    1. ① 食肉及び食肉加工品 : 牛肉、豚肉、鶏肉、鴨肉、ソーセージ、ハム、ジャーキー、カレーなど
    2. ② 乳加工品 : 牛肉、チーズ、バターなど
    3. ③ 卵及び卵加工品 : 鶏卵、鳥類の卵、卵白、卵紛など
    4. ④ ペットの飼料、おやつ類及び栄養剤など
旅行者持ち込み品の不合格例
    1. <ソーセージ> <豚の腸詰> <肉の煮付け> <鶏モミジ> <干し肉> <餃子> <ハム> <ジャーキー> <スジ肉>
植物·農産物の検疫
  • 持ち込み禁止品目
    1. ① マンゴー、バナナ、リンゴ、梨、オレンジ、ライム、アボカド、枝豆、キュウリ、トマトなどの生果菜類
    2. ② サツマイモ、ジャガイモ、ナガイモなどの土の中で育つ野菜と殻付きのクルミ
    3. ③ 土及び土の付いた植物、生きている昆虫、雑草の種など
  • 植物· 農産物の郵便持ち込み時の注意事項
    • 種子や苗木などの栽植用又は繁殖用植物は、輸出国が発行した植物検疫証明書を提出しなければなりません。植物検疫証明書がない場合は輸入できません(2019年7月から施行予定)。

詳しい検疫情報は、農林畜産検疫本部(www.qia.go.kr)までお問い合わせください(054-912-1000 または 032-740-2661,2077)

QUICK MENU

QUICK
MENU

シェアする

シェアする