言語選択
韓国生活
韓国語会話
韓国社会への適応
農村生活支援
在留・外国人支援
医療支援
妊娠出産・子女教育
社会保障制度
就職・採用情報
就職と労働
女性再雇用センター
文化交流
味対決
ウェブで読める雑誌
UNESCO 指定の世界文化遺産
お知らせ
お知らせ
資料室
多文化家族支援センター
多文化家族支援センターとは
相談センター
タヌリコールセンター 1577-1366
国際結婚被害相談電話 02-333-1311
オンライン相談室
구글번역
구글번역 닫기

서브 콘텐츠 시작

현재 페이지 위치

  • 韓国生活
  • 在留・外国人支援
  • 外国人入国·在留

外国人入国·在留

外国人登録

外国人登録の対象及び時期

大韓民国に入国して90日を超過して大韓民国に在留することになる外国人は90日以内に外国人登録をしなければならない。

  • 大韓民国に在留中、在留資格付与または在留資格変更許可を受ける場合には、在留資格付与または在留資格変更と同時に、外国人登録も共に行う。

必要書類

共通書類

  • パスポート
  • 統合申請書(出入国管理事務所の民願室に用意されている)
  • カラー写真(3.5cmx4.5cm)1枚

    6ヶ月以内に撮影した白基調天然色の正面顔写真

  • 在留資格別の添付書類(在留資格によリ書類が異なるので、外国人総合案内センター (☎1345)に必ず確認すること)
  • 手数料30,000ウオン(現金払い)

結婚移民者の場合

  • 婚姻関係証明書
  • 住民登録謄本

    上の二つの書類は申請日直前3ヶ月以内に発行さらたもの

  • 滞在先の証明書類
  • 延長手数料30,000ウォン + 期間延長手数料30,000ウォン

    F61ビザは入国時に90日付与され、外国人登録と在留期間延長を同時に行う。結核危険国(18ヶ国)の国民である場合は、保健所または法務部指定の登録病院が発行した結核検診確認書が必要

    移民者早期適応プログラム履修者に限って在留期間2年付与

外国人登録の申請及び発行

外国人登録の申請および(再)発給は、滞在先の管轄出入国管理事務所(出張所)、または2014年11月10日からは、勤務先の管轄事務所(出張所)でも受け付けている。

外国人総合案内

外国人登録証の交付時期は外国人登録申請した日から約3週間が経過した後、直接事務所 に訪問して受け取ることができ、宅配費用を先払いして宅配申請をした場合には、滞在 先で宅配で受け取ることもできる。

2011.5.1.から韓国造幣公社で外国人登録証を発給しておリ、外国人登録申請から発給まで約 3週間かかる

管轄事務所を経由せず、韓国造幣公社から申請人に直接外国人登録証を送付する配送システ ムを、2013年7月2日よリソウル出入国管理事務所およびソウル南部出入国管理事務所を皮 切りに、現在ではほとんどの出入国管理事務所で採用している。

外国人登録証の管理

外国人登録証は、外国籍の人の身分証明書といえるので、常に携帯しなければなら ない。

注意事項:携帯義務に違反した場合、10 0万ウォン以下の罰金処分を受けることになる。

外国人登録証の再発給

下記の事由が発生した場合、14日以内に居住地を管轄する出 入国管理事務所にて最発給手続きを行わなければならない。

  • 外国人登録証を紛失したとき
  • 外国人登録証が破損•汚損したとき
  • 必要事項を記入する欄が足リなくなったとき
  • 氏名、性別、生年月日、国籍が変更された場合

必要書類

  • パスポート
  • 統合申請書
  • カラ一写真(3.5cmx4.5cm)1枚
  • 手数料30,000ウォン
外国人登録証の返納

下記の事由が生じた場合、外国人登録証を返納しなけ ればならない。

  • 完全に帰国するとき : 出国するとき空港で
  • 韓国国籍を 取得したとき : 住民登録を終えた日から 30日以内
  • 死亡したとき : 死亡を知った日から30日以内
QUICK MENU

QUICK
MENU

シェアする

シェアする